熟成古酒×世界料理・フレンチ編「Liberté a table de TAKEDA」

熟成古酒×世界料理・フレンチ編「Liberté a table de TAKEDA」

対照的な味と食感を楽しむエビサンド

「リベルテ=自由」

というその名の通り、武田健志シェフは、柔軟な発想で旬の食材を彩り華やかなお皿に変身させる。斬新な料理にぴったりのワインは、お店に常駐するソムリエが選んでくれる。
料理とお酒を気ままに楽しむ、それがリベルテだ。

 武田さんは、『山吹ゴールド』に合う料理を考案するにあたり、まずソムリエに意見を求めた。
ソムリエによれば、『山吹ゴールド』には、樽で熟成させたような香りと甘さがあり、にもかかわらず、味わいはすっきりであるという。このようなお酒には「甲殻類」「ウニ」「香ばしい食材」が合うはずだとのアドバイスを受けて、武田さんは和歌山県産のアカアシエビをメインの食材に選んだ。一時期しか出回らない貴重なエビである。エビのミソとすり身に香草を混ぜたムースをパンに塗り、エビを挟んで澄ましバターでじっくりと焼き上げていく。自由な発想の料理に名前は爐覆き瓩修Δ澄

 カリッとしたパンに対してプリプリのエビ。濃厚なムースに対してさっぱりとした黒ダイコンのマリネ。クリーミーなアボカドのピューレに対して爽やかなミカンのピューレ。
いくつもの対を成す料理には、犂鼎てすっきり瓩里酒が合うのだ。

【料理】武田健志さん

Liberté a table de TAKEDA
住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番 2-7-14 1F
電話: 03-5765-2556

URL:http://www.azabu-liberte.com/

今回の料理に合わせたお酒

熟成古酒山吹ゴールド

ページ最上部へ