西域編  Caravan Sarai」

熟成古酒×世界料理・西域編 Caravan Sarai

羊肉に特製の醤(ジャン)が絡んだ深い味わい

キャラヴァン・サライは、パキスタンとアフガニスタンの料理をメインにしながらも、それをもとにしたオリジナル料理が人気のお店。だからこそ、国名を掲げることはない。あえて言えば狎尚菘酒座瓩任△襦そんなお店の店長、佐々木大介さんに、『山吹ゴールド』に合う料理を提案してもらった。

 作ってくれたのは、ペシャーワル周辺の郷土料理、カラヒィ。カラヒィとは、器にしている丸底鍋のことで、日本の鍋と同様、容器がそのまま料理名になっている。パキスタンとアフガニスタンの国境を挟んで広い範囲で食べられている料理だ。羊の肉をトマトと一緒に軽く炒め、塩で味を調えたら、ここから先はお店のオリジナル。豆板醤、コチュジャン、サムジャンにすりごまを合わせたオリジナルの醤でスパイシーに仕上げる。トマトの旨味に焼肉の風味を加えたような、独自の味にまとまった。

「このお酒を飲んだ時、シングルモルトのような甘さと香り、それに強さを感じたんです。料理の味とお酒の味が口の中で混ざるというよりも、両者の主張を交互に楽しむイメージです」

 試食してなるほど、と思う。『山吹ゴールド』を一口、そしてカラヒィを一口。濃厚な味わいのシーソーゲームが始まった。

【料理】佐々木大介さん

キャラバン・サライ
東京都中野区東中野2-25-6
03-3371-3750

URL: http://paoco.jp

今回の料理に合わせたお酒

熟成古酒山吹ゴールド

ページ最上部へ