日本料理編  四谷ふく

熟成古酒×世界料理・日本料理編 四谷ふく

香ばしさと酸味の同調性で驚きの相性を実現

四谷ふくのご主人、福田智則さんはソムリエから和食の世界に転身した異色の経歴を持つ。

それゆえ、日本料理に合うワインの提案が好評だ。とはいえ、福田さんから和風クリームブリュレを『山吹ゴールド』に合わせたいと連絡を受けたときは、さすがに驚いてしまった。さらに聞けば、熊本県産の晩白柚(ばんぺいゆ)を使うというので、ますますわからなくなった。

ところが、これが合うである。大ぶりの晩白柚とクリームブリュレが合うだけでも驚きだが、『山吹ゴールド』の口当たりが見事に丸く変化したので、思わず「あっ」と声を上げてしまった。これは『山吹ゴールド』の香ばしさとクリームブリュレの焦げたカラメルの味を同調させ、さらに熟成酒特有の酸味と柑橘系の酸味を同調させた結果だという。クリームブリュレとはいえ、白餡を練り込んだり、三温糖を焦がしたり、晩白柚を用いたりして、しっかりと猩足瓩魎兇犬気擦觧転紊りだ。晩白柚の代わりにグレープフルーツでも美味しいそうである。

「このお酒は日本酒よりも洋酒、それも食後酒に近いと感じたのでどうしてもデザートを合わせたかったんです」と福田さん。

『山吹ゴールド』の新たな可能性が広がった瞬間である。

【料理】福田 智則さん

四谷ふく
東京都新宿区四谷4-28-8 パルトビルB1F
TEL. 03-3356-1948

http://www.yotsuya-fuku.com/

今回の料理に合わせたお酒

熟成古酒山吹ゴールド

ページ最上部へ