熟成古酒 山吹

> 熟成古酒 山吹について

熟成古酒 山吹

熟成古酒 山吹について

秋田の気候風土を生かし、細かなノウハウと長い時間をかけて引き出された「旨味」の世界

世界に数え切れないほどある酒類の中で、日本酒には他の酒には無い特質があります。それは「米が作る旨味《うまみ》」です。これほど上質の旨みを多く含んだお酒は他にありません。それを熟成させることは、もっと奥深く、複雑で神秘な旨みを醸し出させることなのです。

文献を紐解くと、熟成酒は鎌倉時代より江戸期に至るまで高級酒としての地位を得ていました。寝かせることで美味しくなることの価値は認められていたのです。しかし明治期に入り、お酒の発酵が終ると同時に税を取り立てると言う理不尽な酒税法によって、お酒を貯蔵しておく余裕がなくなり、その血脈は途切れてしまいました。

日本酒に熟成の世界を取り戻したい。再び熟成の世界を広げられたら もっと日本酒は楽しくなる。そんな思いで「山吹」を育ててきました。


お陰様で「山吹」は、2009年にロンドンで毎年開かれる世界最大規模の酒類コンテスト「インターナショナル・ワインチャレンジ(IWC)の日本酒部門にエントリー。 純米酒や大吟醸酒をおさえ、初エントリーで最高賞チャンピオンに輝きました。その後、2018年まで6回IWC金賞受賞に輝き。今やっと、熟成酒の持つ芳醇で奥深い味は海外でも驚きをもって認められつつあります。

年月を経て認められるものは世界の高級酒に必要な要素なのです。

今ではフランスをはじめ各有名三ツ星レストランでも採用頂いております。米から醸し出され、熟成によって鍛え上げられた旨みは最上のマリアージュを生み出します。旨みが上質であれば上質であるほど新しい発見と驚きを皆様に感じていただけると思います。

香りが開く常温がおススメですが、オンザロック、炭酸割り、ホットでと自由にお楽しみください。各温度帯で変わる味わいもお楽しみいただけるお酒です。


熟成酒「山吹」は年月を加えることで鍛えられたお酒です。常温で保存して頂き、何度開け閉めをしても大丈夫です。品質に変化はございません。ウイスキーと同じ扱いで結構です。

封を開けずに貯蔵いただければ100年でも持つお酒なのです。

美しく溶け合った琥珀色、香り、時間、その味わいを、ぜひ、お気に入りのグラスでごゆっくりお楽しみ下さい。


ページ最上部へ